約2年間かかってWB工法の地元工務店に決めた3つの理由♪

おはようございます。クッチョロです。
我が家が家づくりを検討した期間は約2年。
こんなに長引いたのはとある理由があるからです。

スウェーデンハウスさんと契約直前まで進んでいたのですが、
突然夫が転職すると言いだし、スウェーデンハウスさんとの契約を見送ることになってしまったのです。

その後半年ほどはスウェーデンハウスさんの家がずっと憧れだった私はショックで家づくりから離れていました。

そして半年経った頃、やっと気持ちも落ち着いてきたので再び予算を設定し直し、HM・工務店選びを再開しました。

そんな我が家が地元工務店に決めた理由をご紹介したいと思います。

地元工務店に決めた3つの理由

1.無垢材にこだわった家を得意としているから

親会社が材木屋さんというだけあって、標準の床材が無垢の設定になっています。

見積もりをお願いしたハウスメーカーなどでは、無垢の床材はオプションとなっていることが多く、リビングだけでも30万円ほどプラスになるというところが多かったです。

地元工務店さんの見積もりをはじめて見たとき、正直「うーん、高い」と思ったのですが、
ローコストハウスメーカーでオプションを付けていくより、コストが抑えられそうだと思い、決めました。

そう標準仕様のレベルが高いのです。

あと工務店さんの営業所がとても素敵なんです。
営業所の雰囲気で無垢材へのこだわりが強い工務店さんであることを実感しました。

2.呼吸をする家!WB工法に魅かれたから

WB工法の家は、気温の変化で伸び縮みするバネがついた器材を使っている点が特長です。
暑い夏は壁の中に空気を取り込み、湿気や熱気を屋外へ逃がしてくれます。


(出典:タカキホーム)

一方寒い冬は器材が閉じるため、冷たい空気が入ってこない仕組みになっています。


(出典:タカキホーム)

気温による空気の出し入れを調節しているのが、この器材なんです。

一見シンプルだけど、気温の変化で自動開閉するなんて奥が深そう。

3.工務店の方々が親切・丁寧だから

実はこちらの工務店さんでは、簡単なリフォームをしていただいたとき建てつけが悪くなっているクローゼットの扉を直してもらったり、地震でずれてしまったトイレの鍵の位置を直してもらったりととてもお世話になりました。

また営業担当の方が同じ年代のお子さんがいるお母さんということもあって、色々とお話が通じることが多い点も決め手のひとつでした。

ハウスメーカーや工務店さんの特徴が自分の家づくりのこだわりと合っているか、そして営業担当者や設計者の人柄が最終的な決め手になったと思っています。

これからハウスメーカー、工務店を選ばれていく方の少しでも参考になればうれしいです(o^―^o)

素敵なハウスメーカー、工務店との出会いがありますように♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です